エフェクター」タグアーカイブ

エフェクターをいつか自分で設計できるようになりたい素人の勉強リソース備忘録(適宜更新)

はじめに

学生時代からエフェクター製作に憧れがあったけれど、電気電子の知識もない私にはネットに落ちている回路をコピーするのが限界だった。

ひょんなことから電気電子回路への興味が思い出されたので、せっかくなら自分なりのエフェクター回路を設計できるようになることを目標として、電気電子回路の勉強をしてみようと思う。

そのために読んだ本や調べた参考情報をこの記事で残していく(適宜更新)。あくまで素人が学びながら記していく進行型コンテンツなので、同じ境遇の人はあまり期待せずに時々覗いてみてください。

『サウンド・クリエイターのための 電気実用講座』

サウンド・クリエイターを念頭に、電気電子回路の基礎の基礎を砕けた文体で解説してくれる本。

実際の書籍は廃刊でありプレミアがついているようだが、著者のHPから電子版(CD-R)が直接購入可能。電子版ならPDFなり、電子版なら電子書籍なりで配布すれば良いと思うのだが、その予定はない模様。個人的には今の時代にCD-R配布はナンセンスだと思うけど、著者なりのこだわりがあるのかも。

直流と交流の違いがわからないズブの素人レベルからでも読める本で、これを読了したところで自分なりのエフェクター回路が設計できるようになるわけではないが、ブラックボックスだったエフェクター回路がなんとなく「いつかわかりそう」と感じられるくらいの知識はついた気がする。一番最初に読む本、他の書籍を読むための下準備として非常に良かったと思う。

オペアンプの解説に比べてトランジスタの解説が薄いので、本書を読了した後にいざ一発目で簡単なファズを……となると全く分からなくて戸惑う。

一方でオペアンプを使った簡単な回路については、なんとなく何をしているのかわかるようになるので楽しい。

砕けた文体は好き嫌いが分かれるかもしれないが、よく理解している友人が口頭で教えてくれるような雰囲気があり、個人的には好感がもてた。サクッと読んでいけるので、とりあえず気軽に読んでみれば良いと思う。


改訂新版 図解でわかる はじめての電子回路

『サウンドクリエイターのための〜』と違って、電子回路一般の教科書的な本。各章で例題や練習問題も備えられている。実に丁寧に書かれていて非常にわかりやすい。数式もしつこいくらいに一つ一つ順を追って変換されていくので、ちゃんと自分で考えながら/手を動かして追っていけば理解できるようになっている。(11/14/2021 追記) 読了。最後の方は駆け足でモーター制御や変調と復調の概要などを解説していく感じで、あまり踏み込まない。自分の目下の興味にもそれほど合致しなかったのもあって後半は息切れ気味に。エフェクターを念頭に勉強を始めたい人はとりあえず第1章のダイオード、第2章のトランジスタの基本、第3章のOp.Ampの3章のみ読んでみるのでも良いかもしれない。

定本 トランジスタ回路の設計

読み始めた。初版は1991年なので、ちょっと古いけど定番っぽい。まだ50ページ程度しか読んでいないけど、各種定数の決め方を順に追って解説してくれているので、これをトレースして自分で定数を決めてみるということができそう。

ウェブサイト

Project Jazzcaster

有名なエフェクターの回路をLTspiceでシミュレーションして分析したりしているブログ。有名エフェクターがなぜ有名なのかが、シミュレーションを通して分析されているので楽しい。たとえば、Fuzz Faceの鈴鳴りサウンドの分析

アイデアノート

エフェクターで使われる典型的な回路を最小ブロックごとに紹介してくれる記事が勉強になる。私のような、よちよち歩きをはじめたばかりの初学者だと、書籍を読んで「なるほどね!」となっても、実際のエフェクター回路を読み解こうとする「あれ、代替あの回路なんだけど、なんか余計なもんついてる……」となりがちなので、こういう形で最低限のブロックで解説してもらえると学んだ内容と結びつけやすい。