月別アーカイブ: 2021年10月

Polaroid SX-70を買った

Polaroid社が1972年に発売したインスタントカメラSX-70を買いました(というか去年の夏に買ってました)。フィルムは高いわ安定しないわで実用上はいろいろと難ありだけど、その美しいデザインとメカニズムに惚れ惚れ。約36000円(US$349)。

外観

閉じた状態

葉巻入れか、あるいはでかいウィスキーのスキットルのように見える。コートのポケットならギリギリ入る(こともある)くらいの大きさ。

このまま頭の出っ張りを上に引っ張ると……

開状態

ガシャン!

正面

赤いボタンがシャッター。右に見える白黒のノブで露出補正。左側の黒いノブでフォーカス。
頭のコネクタにフラッシュを取り付けられる。

背面

背面。出っ張っている部分がファインダーになっている。

Single reflex でミラーが入っているので、そのものずばりの像を確認しながら撮影できるのがPolaroid OneStepなんかとの違い。OneStepはレフレックスファインダーなのでファインダーで見ている像と出てくる絵に微妙にズレが生じる。

左下の窓は枚数カウンタ。10から始まり一枚撮るごとに数字が減っていくものの、いまのPolaroidのフィルムは8枚しか入っていないので-2して見てあげる必要がある。

左側

美しい左の横顔。畳む時はブラケットを矢印の方向に指で押す。

右側

右側。ちょっと見える黄色いのがフィルムの開放ボタン。
右の黒がレリーズ用のコネクタ。

黄色い開放ボタン

黄色い開放ボタンを押すと……

フィルム口

ガシャン

フィルム挿入部

ここにフィルムを入れる。

フィルムはSX-70(ISO100)を入れるのが基本だけど、実はOneStepなどに使われる600フィルム(ISO600)を使うこともできる。その場合は別途NDフィルターを使ってレンズに入ってくる光量を落としてやる。

NDフィルターもフィルムカートリッジに挿入するタイプと、レンズ前に装着するタイプ両方がある。

あるいは、シャッタースピードを上げる改造を入れてNDフィルターなしで600フィルムを使えるように改造してもらうこともできる。

https://on-and-on.ocnk.net/

どこで買えるの?

生産は1981年に終了しているので、いま買うとなると中古品/再生品を買うしかない。パッと調べてみたところでは3万円〜5万円が相場ってところみたい。私は約36000円(海外サイトで買ったので、US$349)で買いました。

古いカメラをリペアしているようなお店が再生品を販売しているのでチェックしてみると良い。

https://mitsubado-online.com/

英語にそれほどアレルギーのない人は、海外にも目を向けてみると良い。選択肢が広がる。
たとえばこういうところ。

https://retrospekt.com/

http://www.brooklynfilmcamera.com/

どちらも海外発送可。

私は、Retrospektで書いました。かっこいい箱に再梱包して届けてくれるので、届いた時に特別感があって嬉しい。外観も非常に綺麗で、機能面で今のところ不具合も無いのでお勧め。

ちなみに、Polaroidの公式サイトでもPolaroid社が再生したものが販売されているけど、数が限られているのか、いつみてもほとんど在庫が無い。新品が買えるわけじゃないし、あえて公式サイトで買う意味はないと思う。

今後の追記予定(別記事にするかも)

  • (とりあえず殴り書きしたので、記事全体をもう少し見直します)
  • 周辺機器の話(MiNTのフラッシュ、レンズカバー)
  • おすすめモデル(Alpha 1かソナーが良いという話)
  • OneStepとの比較とか
  • FujifilmのInstaxとの比較とか

奇妙、あるいは悲惨な事件/事故(適宜更新)

奇妙だったり悲惨な事件/事故を調べては忘れ調べては忘れを繰り返しているので、リストとして残し適宜更新していく。基本的にWikipedia記事へのリンク集。今後、概略のまとめや他の参考記事を足していくかも。

人による殺人/傷害事件

食人

自然環境に関連する事件

獣害

事故

強盗

エフェクターをいつか自分で設計できるようになりたい素人の勉強リソース備忘録(適宜更新)

はじめに

学生時代からエフェクター製作に憧れがあったけれど、電気電子の知識もない私にはネットに落ちている回路をコピーするのが限界だった。

ひょんなことから電気電子回路への興味が思い出されたので、せっかくなら自分なりのエフェクター回路を設計できるようになることを目標として、電気電子回路の勉強をしてみようと思う。

そのために読んだ本や調べた参考情報をこの記事で残していく(適宜更新)。あくまで素人が学びながら記していく進行型コンテンツなので、同じ境遇の人はあまり期待せずに時々覗いてみてください。

『サウンド・クリエイターのための 電気実用講座』

サウンド・クリエイターを念頭に、電気電子回路の基礎の基礎を砕けた文体で解説してくれる本。

実際の書籍は廃刊でありプレミアがついているようだが、著者のHPから電子版(CD-R)が直接購入可能。電子版ならPDFなり、電子版なら電子書籍なりで配布すれば良いと思うのだが、その予定はない模様。個人的には今の時代にCD-R配布はナンセンスだと思うけど、著者なりのこだわりがあるのかも。

直流と交流の違いがわからないズブの素人レベルからでも読める本で、これを読了したところで自分なりのエフェクター回路が設計できるようになるわけではないが、ブラックボックスだったエフェクター回路がなんとなく「いつかわかりそう」と感じられるくらいの知識はついた気がする。一番最初に読む本、他の書籍を読むための下準備として非常に良かったと思う。

オペアンプの解説に比べてトランジスタの解説が薄いので、本書を読了した後にいざ一発目で簡単なファズを……となると全く分からなくて戸惑う。

一方でオペアンプを使った簡単な回路については、なんとなく何をしているのかわかるようになるので楽しい。

砕けた文体は好き嫌いが分かれるかもしれないが、よく理解している友人が口頭で教えてくれるような雰囲気があり、個人的には好感がもてた。サクッと読んでいけるので、とりあえず気軽に読んでみれば良いと思う。


改訂新版 図解でわかる はじめての電子回路

『サウンドクリエイターのための〜』と違って、電子回路一般の教科書的な本。各章で例題や練習問題も備えられている。実に丁寧に書かれていて非常にわかりやすい。数式もしつこいくらいに一つ一つ順を追って変換されていくので、ちゃんと自分で考えながら/手を動かして追っていけば理解できるようになっている。(11/14/2021 追記) 読了。最後の方は駆け足でモーター制御や変調と復調の概要などを解説していく感じで、あまり踏み込まない。自分の目下の興味にもそれほど合致しなかったのもあって後半は息切れ気味に。エフェクターを念頭に勉強を始めたい人はとりあえず第1章のダイオード、第2章のトランジスタの基本、第3章のOp.Ampの3章のみ読んでみるのでも良いかもしれない。

定本 トランジスタ回路の設計

読み始めた。初版は1991年なので、ちょっと古いけど定番っぽい。まだ50ページ程度しか読んでいないけど、各種定数の決め方を順に追って解説してくれているので、これをトレースして自分で定数を決めてみるということができそう。

ウェブサイト

Project Jazzcaster

有名なエフェクターの回路をLTspiceでシミュレーションして分析したりしているブログ。有名エフェクターがなぜ有名なのかが、シミュレーションを通して分析されているので楽しい。たとえば、Fuzz Faceの鈴鳴りサウンドの分析

アイデアノート

エフェクターで使われる典型的な回路を最小ブロックごとに紹介してくれる記事が勉強になる。私のような、よちよち歩きをはじめたばかりの初学者だと、書籍を読んで「なるほどね!」となっても、実際のエフェクター回路を読み解こうとする「あれ、代替あの回路なんだけど、なんか余計なもんついてる……」となりがちなので、こういう形で最低限のブロックで解説してもらえると学んだ内容と結びつけやすい。